トップ    差分バックアップリロードPages that link to here   一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS

シリルホウ素化C–Cカップリング反応

白金触媒の存在下、シリルボラン、1,3-ジエン、およびアルデヒドの3成分カップリングが効率よく進行し、ボリル基を有するホモアリルアルコール誘導体がsyn選択的に生成することを明らかにしました。[Ref. 1] σ-アリル白金錯体が鍵中間体として形成されていると考えられます。

silaborative C-C coupling.jpg
 

触媒的ヒドロアルキニル化

遷移金属触媒の存在下、末端アルキンのC-H結合はアルキンの炭素-炭素三重結合のみならず、アレンやシクロプロペン、ノルボルナジエンのような反応性の高い炭素-炭素二重結合に付加することが知られています。しかし、反応性の低いアルケンに対する付加は困難であると考えられてきました。私たちは最近、ニッケル触媒により末端アルキンのC-H結合が1,3-ジエン、スチレン、ノルボルネンへ付加することを初めて明らかにしました。[Ref. 2] 反応は室温で進行し、生成物を高い位置および立体選択性で与えます。

hydroalkynylation.jpg
 

関連研究

参考文献

トップ    差分バックアップリロードPages that link to here   一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-21 (水) 18:02:04 (3246d)