main.png
 

大学院生募集

recruit.png

浜地研究室では、外部からの修士課程や博士課程進学希望の学生さんを広く募集しています。
過去にもたくさんの受け入れ実績がありますので、浜地までご連絡ください。

 

Recent News

【 1月 】

  • 上田君(D3)が、FIBER若い世代の特別講演会で英語発表を行いました。これを励みに益々頑張ってください!
    fiber_ueda.jpg
     
  • 重光君(前ポスドク、現大阪大学助教)、窪田助教、田中君(現M2)、藤咲君(現M2)らの研究成果が、Nature Nanotechnologyに掲載されました。https://doi.org/10.1038/s41565-017-0026-6
    2種類の合成分子がお互いを見分けて同じ分子同士で集まってナノメートルの細さの超分子ファイバーを作る現象(超分子self-sorting)が、機能性のソフトマテリアル開発に繋がる事を示した先駆的な成功例です。具体的には、self-sortingを利用して作製した、2つのナノ繊維が入り組んで出来るヒドロゲルが、2つの刺激によってゲルネットワークを緩めたり密にしたりしてゲルの堅さを自在に調整できる新しい材料となることを、世界で初めて明らかにしました。詳細は京大HPをご覧ください。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/180108_1.html
    また、この論文に関して、重光君がケムステデビューしたようです!こちらも御覧ください。
    https://www.chem-station.com/blog/2018/01/hydrogel.html
     
  • お陰さまで、生体機能関連化学部会主催の国際会議ISBC2017が盛況のうちに終了しました。素晴らしい招待講演を行って頂いた先生方、ポスター発表の皆様、ご参加頂いた皆様、ご支援頂いた方々に感謝いたします。また浜地研スタッフ、学生さんもお疲れ様でした。
    isbc_3.jpg
    isbc_2.jpg
    isbc_1.jpg
     
  • 3回生のみなさまへ(1,2回生も可) 研究室訪問日程をお知らせします。
    houmon_2017.jpg
     

【 12月 】

  • 本年も (特に国際会議ISBC2017や新学術領域「分子夾雑化学」で) 大変お世話になりました。良い年末と新年を!
    cake.jpg
     
  • お陰様で、新学術領域:分子夾雑化学の国際会議:CMCB2017が、盛況に終了しました。会議の様子をまとめた報告書が、HPに掲載されましたのでお知らせします。
    http://www.bunshi-kyouzatsu.jp
  • CMCB2017の翌日からISBC2017(日本化学会生体機能関連化学部会主催)が、京大宇治キャンパス/きはだホールで開催されます。浜地研メンバーが組織委員としてお世話いたします。当日参加も受け付けていますので、奮ってご参加ください。
    http://www.bunshi-kyouzatsu.jp/isbc2017/
  • 浜地が領域代表として本年度にスタートした新学術領域「分子夾雑の生命化学」では、12/12,13の2日間、神戸ポートピアホテルで第1回の国際会議を開催します。本領域計画班長の他、アメリカ、ヨーロッパ、アジアから世界レベルの研究者が招待講演を行います。入場は無料です。詳細は以下のサイトを御覧ください。
    http://www.bunshi-kyouzatsu.jp/event02
    多数のご来聴を歓迎いたします。
  • 12月1日付けで、坂本君が特任助教になりました。新学術領域「分子夾雑の生命化学」の連携研究ネットワーク:CIBICのコアメンバーとしての活躍を期待しています。
  • 12月19日(火) ChemBio講演会2017-8を開催します。ご来聴歓迎いたします。
    seminar_20171219.jpg
     

【 11月 】

  • 研究室旅行で、天橋立から城崎温泉を巡ってきました!(Photosのページもご覧ください)
    labo ryokou_2017.jpg
     
  • 浜地研が専攻内フットサル大会で、昨年に続いて優勝しました!二連覇です!!
  • 上田君(博士課程2年)、小島君(修士課程2年>博士課程進学)が、日本学術振興会の奨学生であるJSPSDC2, DC1にそれぞれ選ばれました。これを励みに益々頑張ってください!

【 10月 】

  • 宋智凝君(浜地研研究員)の博士論文公聴会を行います。多数のご来聴歓迎いたします。
    10/25(水) 13:30より【A2-305講義室】
    「Development of novel affinity-guided catalysts for specific labeling of endogenous proteins in living systems」 
  • 浜地研がお世話をする日本化学会 : 生体機能関連化学部会主催の国際会議(ISBC2017)の情報がHPに掲載(http://www.bunshi-kyouzatsu.jp)されました。
    アメリカ、ヨーロッパ、アジア(日本を含む)から第一線級の研究者が招待講演者として参加し、分子認識化学、超分子化学からバイオマテリアル、Chemical biologyまで本部会がカバーする幅広い分野の最先端の成果が披露され、活発な議論が展開されると期待されます。informalな雰囲気で研究者間の交流が進むように工夫して運営いたしますので、皆様のご参加をお待ちしております。(尚、参加者には生体機能関連化学部会員になっていただく必要がありますので、ご了解ください。)
  • 10月10日(火) ChemBio講演会2017-7を開催します。ご来聴歓迎いたします。
    seminar_20171010.jpg
     

【 9月 】

  • Just married! 安枝君(浜地研OB:JT創薬研)が結婚し披露宴がありました。オメデトウ!
    Just married.JPG
     
  • 第11回バイオ関連化学シンポジウムで、田村助教が部会講演賞、D2の上田毅くんがポスター賞を受賞しました。
    オメデトウ!
    award_201709.JPG
     
  • 文部科学省科研費:新学術領域研究に、浜地が領域代表を務める「分子夾雑の生命化学」(http://bunshi-kyouzatsu.jp/)が採択となりました。今後5年間、計画班、公募班の先生方とともに本領域を推進いたしますので、ご協力宜しくお願いします。
  • 9月5日(火) ChemBio講演会2017-6を開催します。ご来聴歓迎いたします。
    seminar_20170905.jpg
     

【 8月 】

  • 8月9日(水) ChemBio講演会2017-5を開催します。ご来聴歓迎いたします。
    seminar_20170809.jpg
     

【 7月 】

  • M2の小島君、田中君が、生体機能関連化学部会若手の会第29回サマースクールで、ポスター賞を受賞しました。オメデトウ!これを励みに、博士入試乗り切ってください!?
    summer school.jpg
     
  • 重光君(JSPS PD:学振特別研究員)が、7月より大阪大学工学部応用化学専攻木田研究室の助教としてアカデミックキャリアをスタートさせました。4年弱に渡る浜地研でのポスドク生活大変お疲れ様でした。新しい立場での益々の活躍を、浜地研一同、心より祈念します!
    shigemitsu_2017.jpg
     

【 6月 】

  • 浜地研で開発されたAIZin2 (亜鉛イオンrichな環境に応答して周辺タンパク質をラベル化する世界初の小分子) が、フナコシから製品化・販売開始されました。
    興味ある方は、下記 Web site(http://www.funakoshi.co.jp/contents/80823)をご覧ください。
  • 6月26日(月) ChemBio講演会2017-4を開催します。ご来聴歓迎いたします。
    seminar_20170626.jpg
     
  • 6月23日(金) ChemBio講演会2017-3を開催します。ご来聴歓迎いたします。
    seminar_20170623.jpg
     

【 5月 】

  • 5月からドイツ:Freiburg University An-Kathrinさん(大学院生)が加わりました。9月まで交換留学生として研究します。
  • 窪田君が、日本化学会第97春季年会で優秀講演賞(学術)を受賞しました。オメデトウ!
  • 浜地研OBの中田君(京大エネ研講師)が、5/1付けで准教授に昇任しました。新しい立場での益々のご発展祈ります!

【 4月 】

  • 清中准教授を中心に推進している神経伝達物質受容体のケミカルラベル/イメージングプロジェクトにおいて、グルタミン酸受容体の一種であるAMPA受容体をケミカルラベル化できる新しい方法論の開発に関する成果が Nature Communications(DOI: 10.1038/ncomms14850) に掲載されました。この手法ではモデル細胞に発現させたAMPA受容体だけでなく、培養神経(生)細胞や脳(海馬や小脳)組織(生)切片サンプルの内在的に発現しているAMPA受容体をも高い選択性でラベル化(タグ付け)が可能であり、内在性AMPA受容体の分布や動態解析に威力を発揮する事が期待されます。
  • 若山くん((現)東レ)の博士論文公聴会を以下の日程で開催します。多数のご来聴を歓迎いたします。
    4/17(月)16時より【A2-308】
    「Development of novel chemical labeling methods for functional analyses of neuronal glutamate receptors」
  • 4月8日(土) ChemBio講演会2017-2を開催します。ご来聴歓迎いたします。
    seminar_20170408.jpg
     
  • 4月から池田将君(浜地研OB:元助教だった)が岐阜大学教授に昇進しました。オメデトウ!さらに一層のご活躍を心から祈ります。
  • 4月から浜地研OB越智さんが、高知大学でアカデミックポジション(助教)を獲得し、異動しました。新天地での活躍を期待しています。

添付ファイル: filefiber_ueda.jpg 11件 [詳細] fileisbc_3.jpg 75件 [詳細] fileisbc_2.jpg 93件 [詳細] fileisbc_1.jpg 128件 [詳細] filehoumon_2017.jpg 32件 [詳細] filecake.jpg 63件 [詳細] fileseminar_20171219.jpg 90件 [詳細] filelabo ryokou_2017.jpg 242件 [詳細] fileseminar_20171010.jpg 221件 [詳細] fileaward_201709.JPG 332件 [詳細] fileJust married.JPG 420件 [詳細] fileseminar_20170905.jpg 325件 [詳細] fileseminar_20170809.jpg 674件 [詳細] filesummer school.jpg 272件 [詳細] fileshigemitsu_2017.jpg 753件 [詳細] fileseminar_20170626.jpg 456件 [詳細] fileseminar_20170623.jpg 543件 [詳細] fileseminar_20170408.jpg 612件 [詳細] file浜地研2016-HP.pdf 519件 [詳細] filerecruit.png 1184件 [詳細] filemain.png 1053件 [詳細]

  最終更新のRSS
View Edit